着物を高く売る方法

着物買取に証紙・落款は必須?!少しでも高く買い取ってもらうには?

更新日:

着物を買い取ってもらいたい時、査定される価格を高くするために必要と言われているのが、「証紙」「落款」です。

 

この証紙や落款は、買取の際に必須となるのかどうかという点は気になるところですよね。
もし証紙や落款がない着物だった場合、高く買い取ってもらうことはできないのかという点も気になります。

そこで、証紙や落款がないと買い取ってもらえないのか、価格を高くするためにはどうすればいいのかということについて、ご説明していきたいと思います。

着物の証紙や落款でお悩みの方は、ぜひ読み進めてみてくださいね。

 

1.証紙や落款がないと買い取ってもらえないの?

証紙は、それぞれの団体に属している作家さんの作品に貼付られるものです。
それゆえに、属さない作家さんのものには付いていません。

そのため、証紙が付いているからいい着物、証紙がないから粗悪な着物、というわけではないのです。
この点は、勘違いされやすい部分でもありますよね。

ただ、着物買取においては、少しでも高い買取価格を期待するのであれば、作家物であることが証明できる証紙があったほうがいいというのも事実です。

あくまでも目安となりますが、証紙・落款の有無によって、買取価格が2倍ほどは違ってくる着物もあるのです。

証紙や落款がないと買取価格が下がることはあるが、証紙や落款がないから買取はできない・・・
というようなことではないため、買い取ってもらいたいというだけであれば気にすることではありません。

百貨店や呉服屋で購入した着物の場合、店名の入った畳紙や購入時のレシートや領収書などが品質証明書となります。
作家物の落款は着物や帯に縫い付けられているケースもあるため、買取の前に一度自分で見てみてくださいね。

 

ポイント

かなり昔の着物には証紙や落款がないこともあるため、
証紙や落款が見つからずに気になっている場合には、まずは買取業者に査定をしてもらいましょう。

 

証紙や落款があっても高価買取ができない場合もある

ただし、証紙や落款があっても、以下のような場合には要注意です。

  • 保管状態が悪くてカビが生えてしまった
  • 日に焼けて色が落ちた、ついた
  • 傷がついてしまった
  • 生地がヨレヨレになってしまった
  • タバコや汗、カビの臭いがついてしまった
  • シミができてしまった

などといった質の悪い状態の着物の場合、証紙の有無に関わらず高値では買い取ってもらえません。
買取そのものが難しい場合もあるため、この点は覚えておきましょう。

 

2.少しでも買取価格を高くするには?

証紙・落款があることを前提として、着物買取価格を少しでも高くするためのポイントがあります。

  1. 保管状態がいいこと
  2. サイズがある程度大きめであること
  3. 絹・木綿・麻の着物であること

 

【ポイント1】保管状態がいいこと

汗シミやにおい、カビ、シミ、汚れなどがなく、キレイな状態である着物は、高く買い取ってもらいやすい傾向にあります。

保管状態をよくするためには、着物ハンガーに裏返して干したり、たとう紙を交換したり、たまには着物に手を通したり・・・と、とても手間がかかります。

着物が好きな人からすれば造作もないことでも、着物初心者の人には難しいこともありますよね。
買取価格を下げないように保管状態を良くしたい場合には、ある程度の努力も必要だということです。

【ポイント2】サイズがある程度大きめであること

サイズがある程度大きめであることは、高価買取の条件ともいえます。
昔の着物になるほど、昔の人の背丈に合わせられているため、現代の女性には小さい場合があります。

丈が長く大きい着物の場合、カバーできる体型が増えることから、需要が高くなりますよね。
生地が多い分仕立て直しなどもしやすいです。

そのような意味でも、丈やサイズが大きめの着物であれば、買取価格が高くなる可能性があります。

 

【ポイント3】絹・木綿・麻の着物であること

一番高く買い取ってもらえるのは、100%絹でできている正絹の着物です。
しかしながら、木綿や麻の着物も高く買い取ってもらえることが多くなっています。

反対に、ポリエステルなどの着物の場合には、買取価格は低くなるため、注意しましょう!

 

証紙や落款がなくても少しでも高値で買い取ってもらうには?

証紙や落款がない場合でも、少しでも高値で買い取ってほしいと思うのは当然ですよね。
証紙や落款がない場合の着物買取は、熟練の査定員がいる、着物専門の買取業者に査定してもらうことがポイントです。

客観的な価値の証明としては、やはり証紙や落款がないと根拠が薄くなってしまうため、価値は少し下がってしまいます。
ですが、証紙や落款がなくとも、見る人が見れば価値が高い着物かどうかを判別することができます。

しっかり価値を見極めてもらうためにも、証紙や落款がない着物こそ、着物専門の買取業者に依頼すべきです。

 

3.証紙と落款はどこに入っているの?意味は?

落款は、一般的には表地の表面に入ってるものです。
それを、着物を着た時に下前にもってくるため、着物の外側からは見えません。

下前の衽(おくみ)、裾から1尺5寸前後、巾位置は衽の真ん中あたりにきます。
衿(えり)の落款は、下前衿の衿先から3寸ほど上がった所にあり、衿巾から5分ほど入った位置です。

袷(あわせ)の場合は、八掛衽の裏にある場合もあります。
絽や紗などは透けてしまうことから、わざわざ残布に回すこともあるようです。

色無地や江戸小紋など両面表にすることができる着物の場合、まれに下前の衿先に入っていることもありますので、チェックしてみてくださいね。

 

落款にはどういう意味があるの?

落款の意味は、「サイン」のようなもので、落款を見れば作者が明確になるようになっています

最近では、「作家物」を好む人が増えたことで、落款があることが当然のような感じで着物を選ぶ人もいますよね。
そのことから、作家ではなく、染屋の名前や工房の名称が落款として用いられている場合もあります。

京友禅の「千總(ちそう)」も、色無地、小紋以外の裁ち合せの決まっている商品には落款が入っており、工房名です。

加賀友禅の落款は、全て管理されているため、落款をみることでどの作家の着物なのかがすぐにわかります
加賀染振興協会に認定された加賀友禅の作家は、260名ほどおられるものの、実際に活動している作家さんは少ないです。

また、京友禅の場合は、ほとんどが分業体制となっているため、作家さんは少なく作家物もとても少ないという特徴があります。

 

落款はサインのようなもの

落款はサインのようなものであり、素人でも押せてしまう「署名捺印」と変わりないものだと考えると分かりやすいかと思います。

そのため、例え有名ではない作家さんの落款が入っている着物でも、それが高価買取に繋がるわけではないのですね。

あくまでも、”有名な作家さん”の着物に落款が入っていることで、その作家物であることが証明され、より買取価格が高くなるのです。

 

4.有名作家や伝統工芸の証紙・落款をチェック!

ではここで、有名作家や伝統工芸の証紙、落款をチェックしてみましょう!
落款・証紙について、簡単に説明もあわせて見ていきたいと思います。

 

落款

落款とは落成款識(らくせいかんしき)の略語です。
芸術品を作成した際に日時や記名、識語を書き付ける行為のことを指します。

領収書や公式文書に押されているように、着物にも落款が押されています。
落款はサインのようなものであり、作家・工房などの落款があります。

加賀友禅 KAGAYUZEN:落款

 

証紙

証紙とは、着物の産地・種類などが記載されている紙のことを指します。
着物の価値を示すという意味でも、買取の際にはポイントとなってきます。

証紙には、生地の織り元や織物工業組合のマーク、伝統工芸品のマークなどが押印されています。
それによって産地や生地の品質、織り方が一目瞭然となるわけです。

証紙は織物毎に種類が異なっており、反物であればハギレが証紙の役割を果たします。

本場結城紬の証紙

本場奄美大島紬の証紙

 

まとめ

今回は、着物買取に証紙や落款が必須となるのかどうか、少しでも高く買い取ってもらうためには必要になるのかどうかという点について、ご説明してきました。

着物買取で査定されるポイントはたくさんありますが、証紙や落款があるかどうかという点も大きなポイントとなることがお分かりいただけたかと思います。

有名作家さんや人間国宝、伝統工芸品などの着物を購入した際には、証紙やハギレ、領収書などを捨てずに、落款がある位置も確認しておきたいですね。

大切な着物を次の方に大切に着てもらうためにも、そして、大切な着物を安く買いたたかれてしまわないようにするためにも、証紙・落款は大切です。

 

せっかくの思い出の詰まった着物を1円でも高く売りたい

スタッフの対応が良いお店で着物を売りたい

家にいながら楽して着物を買取査定したい

地方に住んでいて着物の買取査定できるお店が近くになくて困っている

そんな悩みを【着物買取ノート】が徹底的に調査しこれらの悩みも全て解決。全ての着物買取店で実際に査定してそれぞれの店舗のメリット・デメリットも全て詳しく書きました。

あなたに合う着物買取店が見つかる!

S~Cランクまで見てみる

一番高く買い取ってくれたのはココ!

2万円で買取査定してくれた体験談

-着物を高く売る方法

Copyright© 【実体験で30社比較】着物買取おすすめ相場ランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.