着物買取業者

【口コミを確かめた】なんぼやに着物20着を宅配査定とLINE査定出してみた結果は?

更新日:

着付師ミチ
こんにちは!着物買取ノートのみちです!

今回は【なんぼや】に出張査定を依頼してみました。

関根勤さんをイメージキャラクターに据えたホームページが印象的ですね。

パッと見た感じでは、ブランド品や貴金属類の買取を強く打ち出している様ですが…着物の出張査定も行っています。

今回も査定を依頼したのはこちらの20着です。

さてどのような結果になるのでしょうか!?

 

なんぼやの着物査定の申し込みの流れ

申し込みの方法としては、電話、若しくは問い合わせフォームから申し込むことも出来ます。

今ならLINEでの相談も行っているようですが…今回は問い合わせフォームから基本情報を入力し、出張買取査定の依頼を出しました。
日時については、折り返し電話がかかってきますので、オペレーターさんと相談をして日時を決定します。

私の場合は、申し込みをした翌日に電話がかかってきました。

電話では当日の注意事項として、買取が成立した場合は身分証の提示が必要となることの確認がありました

また、車で訪問をするので、「駐車スペースはありますか?」との質問がありましたので、近隣のコインパーキングを利用するようにお願いしました。

オペレーターさんは若い女性の方で、電話で話した印象ですが、特に気になる点はなくスムーズな対応でした。

 

前日の様子

予約前日の夕方、オペレーターさんから前日確認の電話がかかってきました。

明日の訪問についての最終確認で、「予定通りお伺いしますのでよろしくお願いします。」という簡単な内容で終了しました。

 

なんぼやの鑑定士さんがやってきた!

予約時間は「14時~14時30分の間」と幅があったのですが、14時30分ちょうどにインターホンが鳴りました。

特に事前の電話はなく、時間通りの訪問でした。

事前確認書類の記入や、パンフレットの提示などはなく、早速査定開始となりました。

査定の様子

しっかり広げて細部まで状態を確認する…ということはなく、ざっと目を通すという感じでした。

査定中は手袋や、メジャーは使用せず、あまり細かい寸法を確認することはありませんでした。

着物のチェックが一通り終了すると、タブレット端末を使用して会社のデーターべ―スにアクセスし、買取価格表をチェックして値段を決めていきます。

買取価格データベースは日々変動するそうで、なんだか為替相場みたいですね。

状態や評価によってAランク、Bランク、Cランクに区分けされるそうですが、今回はCランク相当の着物が1点、それ以外はランク外との評価でした。

価格発表

今回なんぼやさんでは【2,000円】という買取価格でした。

こちらは査定士さんに書いてもらった価格の内訳メモです。着物と帯はまとめての金額しかつかないとのこと。

唯一、証紙がついていた大島紬だけは一枚500円という値段がつきましたが、それでもトータルで2,000円という結果です

なんぼや場合買い取った着物は中古着物の市場に卸すのだそうです。

そこに買いに来るのは、リサイクル着物屋さんや骨董市に出店している古着やさんなど。
当然エンドユーザーはそこでは買いません。

したがって卸価格でしか買い取れないとの回答でした。

また、なんぼやの倉庫には現在、売れ残った着物が多くあり、倉庫に在庫がダブついている状態とのこと。在庫過多で積極的に買い取りたくない状況であることも影響した様です。

ウールやポリエステルなどの正絹以外の素材のものや、羽織やコート類、喪服や留袖などの家紋が入ったものも一式引き取ってくれるとのことでした。

唯一、価格がついた着物は…

⑮色大島紬(証紙あり)…500円

こちらの大島紬のみ、一枚500円という評価でした!
証紙がついていることから、この評価になったそうです。

No. 査定品 購入時の金額(おおよそ) なんぼやの査定額
留袖 まとめて1,500円
訪問着 30万円
色無地(一ツ紋・日向紋) 20万円
付け下げ訪問着 60万円
喪服
袋帯 30万円
袋帯(北山与三郎作) 50万円
織名古屋帯 15万円
染名古屋帯 15万円
刺繍名古屋帯 15万円
刺繍名古屋帯(アンティーク) 【中古品】2,000円
麻着物(近江上布) 6万円
真綿紬 無地(おそらく結城紬) 30万円
真綿紬 板締め絞り 30万円
色大島紬(証紙あり) 20万円 500円
小紋(アンティーク柄を復刻した現代もの) 20万円 まとめて1,500円
小紋(絞り) 30万円
小紋(グラデーション染め) 50万円
羽織(丈が短い) 15万円
羽織(丈が長い) 20万円

なんぼやのLINE査定の着物査定も出してみた

なんぼやのホームページを見返してみると、なんとLINE査定も行っているようです。

LINE査定とは、なんぼやの公式アカウントを友達登録し、査定してもらいたい着物の写真をLINEで送るだけで査定してもらえるというもの。もちろん料金はかかりません。

名前や住所などの個人情報を送付する必要はなく、写真を送るだけで査定してもらえるのでとても気軽に利用できます。

ここでは「〇月〇日に査定して貰った××ですが~」等という前置きは一切せず、あたかも新規顧客かのようにしれっとLINEから写真を送ってみました。

写真を送った時間が遅かったため、自動返信なのでしょうか?直ぐに「本日の受付は終了しました」との返信がありました。

翌日の営業時間になってすぐ返事がきました。

本当にLINEから写真を送るだけで査定が出来るので、手軽で便利ですね。

営業時間内に送付すればもっと早く返事が来ることでしょう。

気になる結果は…?!


なんと衝撃の結果が…!

なんと、⑦袋帯(北山与三郎作)の袋帯一本だけで5,000円~10,000円前後との結果でした。

この⑦袋帯(北山与三郎作)の帯だけで考えても、これまで5,000円~10,000円前後という高価格を付けた業者はありませんでした。(最高でも3,000円)

今後、なんぼやを利用される方は、事前にLINE査定をしてから、訪問査定を依頼した方が良いかもしれません。

まとめ

買取不可の項目は無いとのことでしたので、他社では買取を拒否されがちな、

ウールやポリエステルなどの正絹(シルク100%)以外の着物も引き取ってもらえます

 

せっかくの思い出の詰まった着物を1円でも高く売りたい

スタッフの対応が良いお店で着物を売りたい

家にいながら楽して着物を買取査定したい

地方に住んでいて着物の買取査定できるお店が近くになくて困っている

そんな悩みを【着物買取ノート】が徹底的に調査しこれらの悩みも全て解決。全ての着物買取店で実際に査定してそれぞれの店舗のメリット・デメリットも全て詳しく書きました。

あなたに合う着物買取店が見つかる!

S~Cランクまで見てみる

一番高く買い取ってくれたのはココ!

2万円で買取査定してくれた体験談

-着物買取業者

Copyright© 【全30社比較】着物買取おすすめランキング|口コミ体験談から学ぶ賢い売り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.